コンディショニング パート②

  • TOP
  • [カテゴリー: News・Blog]
  • コンディショニング パート②
コンディショニング パート②

前回の続き。 コンディショニングには自分で出来る事と出来ない事があります。

前記した、体重、睡眠、食事は自己管理の部分。自分で意識して実践していかねばなりません。 しかし怪我スポーツ障害体のバランス調整等は専門家にかからなければなりません。

スポーツという物は、左右どちらか一方向に極端にストレスがかかる事が多いです。 野球のピッチャー、ゴルフ、テニス、卓球・・。

スイッチピッチャーや、左右どちらの足でもシュートを蹴れるサッカー選手はとても少ないです。 体の一方向にストレスがかかり続けると左右の筋肉と関節可動域に差が出て体に捻じれが生じてしまい、体本来の正常でスムーズな動きが損なわれてしまいます。

コンディショニングとは、「競技の特性、自分の体の特徴を知り、動きやすい状態をキープする為に自己管理を行い、補えない部分は専門家にヘルプしてもらい、そしてそれを実践し続ける事」 なのです。 これは本当に大変な事なのです。 現役から解放された選手が、現役時代の面影がほぼ無くなってしまってるのをよく見ますが(笑)、それだけ現役中の自己管理は大変な事なのです。

当ひなみでは、癒しはもちろん、怪我の治療や体のバランス調整(リラクゼーションストレッチ、PBC)のコースもありますので、ガチでスポーツされている方の体調管理に是非ご利用下さい!!

ひなみ鍼灸整骨院 院長 たかくら 

癒し処ひなみ  ☎ 06-6335-0173