豊中市でマッサージをお考えなら

  • TOP
  • 豊中市でマッサージをお考えなら

つらい肩こりで仕事や家事に集中できない、ストレッチをしても解消されないという方も多いと思います。そのまま放置していると、マッサージでもほぐれにくくなることがありますので、注意が必要です。こりの原因や影響についてご説明します。

体のこりは現代人の大きな悩み

体のこりは現代人の大きな悩み

肩こりは、腰痛と同様に「現代病」といわれています。かつて肩こりは老化現象のひとつと考えられていましたが、最近では10~20代の若い人が慢性的な肩こりを訴えるケースも増えてきました。

そもそも「こり」というのは、何らかの原因によって筋肉の弛緩(伸びる)、収縮(縮む)という働きが正しく機能しなくなった状態です。筋肉がうまく働かなければ、血行やリンパの流れが悪くなり、余分な老廃物が筋肉に蓄積しやすくなります。その老廃物が神経を刺激し、肩や首のこりとなって現れるのです。

こりを放置していると、冷えやむくみの原因となったり、ホルモンバランスが崩れてしまうおそれがあります。また、他の部位にこりが広がったり、深い部分のこりとなって、マッサージをしてもほぐれにくくなります。慢性的なこりを軽視して放置せず、早めに解消することが大切です。

こりが精神面に影響を与えることも

こりが精神面に影響を与えることも

体のこりは精神面にも影響することをご存じでしょうか。こりが長期化すると、痛みや不快感からストレスが溜まりがちになります。気分の落ち込み・イライラ・集中力の低下といった悩みは、実は体のこりが要因になっていることも多いのです。

肩こりを放置することは、精神面から見てもリスクの高いことだといえます。やみくもにマッサージをしたり、ただ温めるだけでは、しつこいこりはなかなか解消しません。ご自身でマッサージをすることは可能ですが、一定の知識と経験のあるプロに任せることで、より効果的にこりをほぐすことができます。

たまにはプロの手を借りて、自分の体とじっくり向き合う時間を取ってみませんか。心身共にこりがほぐれて、仕事や家事の効率もアップするかもしれません。

大阪府豊中市にあるひなみでは、お客様のお体の状態に合わせて、オイルトリートメントやリンパトリートメントなどのメニューをご用意しております。完全個室のリラックスできる空間で、プロによる本格的な施術と癒しのひとときをご提供します。深夜2時まで営業を行っていますので、お仕事帰りにどうぞご利用下さい。

 

オンラインご予約はこちらから

〒561-0836 大阪府豊中市庄内宝町1-7-20

TEL.06-6335-0173

営業時間 11:00~26:00(最終受付24:30)
定休日 年中無休

WEBからのご予約はこちら