腰痛のメカニズム

  • TOP
  • 腰痛のメカニズム

整体に通っている方は、腰痛に悩まされている方が多いです。腰は体の中心になっていて、立っている時、座っている時など、いかなる時でも体を支えるための重要な軸となります。その腰に負担がかかりすぎると、腰痛を引き起こしてしまいます。慢性化して整体へ通ってもなかなか改善しないという状態になる前に、腰痛のメカニズムを知ったうえで対策を行いましょう。

腰痛のメカニズム

腰痛のメカニズム

腰痛が起こるメカニズムは、体を支える背骨にあります。背骨は一本で作られているのではなく、頸椎、胸椎、腰椎、仙椎、尾椎など複数の骨が複雑に積み重なって構成されており、骨の間にクッションの役割を持つ椎間板があります。また、その背骨の中心には、縦に長い脊柱管が存在し、さらに椎間関節という関節がそれぞれの関節にあり、その関節によって曲げ伸ばしが可能になっています。

これらの複雑な背骨が、何らかの影響によってずれが生じたりダメージを受けたりすることで腰痛を引き起こしています。また、骨を支える筋肉や靭帯、神経がダメージを受けた場合も腰痛が起こります。

慢性化してしまう腰痛

慢性化してしまう腰痛

ぎっくり腰などの一時的な痛みのある急性腰痛は、適切な処置で改善することが多いですが、慢性化してしまっている腰痛は様々な原因があり、いくつかの原因が重なって起こることも多いため、明確な原因を特定するのは難しいです。慢性化した腰痛は、整体の施術を受けても改善に時間がかかってしまいます。

その慢性化してしまう原因として、背骨のずれや骨を支える筋肉の疲労が、日々の生活習慣によって引き起こされていることが考えられます。

背骨のずれは、姿勢の悪さも影響してきますし、毎日同じ姿勢でいることも原因の一つです。また、運動不足だと筋力が低下し、腰痛が起こりやすくなります。慢性化してしまった腰痛は、原因として考えられることを改善することが重要です。

その他、腰痛にはストレスなども大きく関係しますので、日々の生活で疲れを感じたらマッサージで筋肉の揉みほぐしを行ったり、腰に負担をかけない姿勢を心がけたりするだけでなく、ストレスを溜めないようにすることも大切です。

肩こりや腰痛で悩んでいるなら、豊中市にあるひなみをご利用下さい。個室でゆったりと施術を受けることで体だけでなく心もリラックスできるはずです。お仕事で忙しい方も利用しやすいよう深夜2時まで営業しておりますので、まずはお電話にてご予約下さい。

 

オンラインご予約はこちらから

〒561-0836 大阪府豊中市庄内宝町1-7-20

TEL.06-6335-0173

営業時間 11:00~26:00(最終受付24:30)
定休日 年中無休

WEBからのご予約はこちら